FX 比較と強制ロスカット

FXはレバレッジといって、少ない資金で大きな取引ができるのが特徴です。具体的には、最大で25倍までレバレッジをかけて取引ができます。そのため少ない資金しかなくてもその25倍の額までかけることができますので、一発逆転も可能です。

ただ、ここでは気を付ける点があり、それが強制ロスカットです。レバレッジと同じ、強制ロスカットもFX専門用語ですので、FX 比較で専門業者が見つかったら確認しておきましょう。専門用語については、FX 比較で業者を見つける前でも構いません。落ち着いて取引を行うためにも、業者に登録する前に専門用語はマスターしておいたほうがいいでしょう。

さて、強制ロスカットですが、これは口座残額が一定水準以下になると、その段階で強制的に決済されてしまうという制度です。人によって口座に入金する資金は異なりますが、資金である証拠金維持率が難しくなり、少しでも損失の方向に向かうと強制ロスカット、つまり損切りをして、すぐに取引ができなくなってしまう可能性が出ててきます。余裕を持ってFX取引を行うためにも、取引可能額ギリギリではなく、余裕の持てる金額、5万円から10万円程度の入金をオススメしています。